2018年04月28日

沿線からはちょいと離れて

DSC06524.JPG

今日は沿線のはずだったんだけど、見ごろを迎えたと思われる夜久野の藤を見に行ってきた。
ご存知、大町藤公園は例年ならGWが終わって見ごろとなるみたいだけど、今年は何もかもが早い気がする。桜もそう、芝桜もしかり。ツツジだって舞鶴近辺はすっかり咲き誇ってる。
案の定、ココも重たそうに花をつけ、芳しい香りをいっぱい吸ってきた。

DSC06536.JPG

朝も早い目というのもあって観光客もあんまりだったし(その後どんどん来られたが)、光をいっぱいに取り込んで撮ってみた。やっぱ色んな撮り方で遊ぶのが楽しくてしょうがない。駄作量産ともいうが(笑)


posted by 神崎 好男 at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

明日からの三連休をどう楽しむか。

0422004.JPG

さて芝桜も終焉を迎え、お次はなんだ?と考えるに『つつじ』てな感じでしょうか?
もっとも必ずしも花と絡めなくちゃアカンって事もないし、水の張った田んぼの水鏡も撮れるし黄緑色の山々だって撮ってくれ!と言わんばかりに萌えてる。なんのことはない撮りようによったらなんだって絡めれる。

好天と思われる明日からの三連休、どれ沿線に張り付いてみましょうか。。
posted by 神崎 好男 at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

赤も撮らなくちゃあかん

0422013.JPG

いささか遅れが生じてダイヤが乱れがちだったこの日、赤松っちゅうのを撮ってないことに気が付いた。
青だ黒だと追っかけてはいたものの、ヘッドマークも誇らしげな赤松も撮らなくちゃいかん!と、与謝野の帰り道、東雲付近で遭遇の時間となってどこで撮ろう、あそこかな?いやココもいいなぁ。。

宮舞線はあちこち撮って慣れてるはずなんだけどいざ撮ろうとした時、奇をてらったのより定番の方が良いかな?いや待てよ、冒険も時には良いんじゃないの? と、かんかんかん…と警報器。ありゃ赤松登場だよ!
てなわけでヘッドマークが写ってるだけの「なんちゃぁない赤松」の出来上がり。GW前半はヘッドマーク赤松の追っかけをしましょうかねぇ。。
posted by 神崎 好男 at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

黒と芝桜の共演はいかに!

0422008.JPG

ハイビームのままで与謝野駅のホームに滑り込んできた黒松は、ちょうど陽も射して『さぁキレイに撮って』と言わんばかりの堂々の風格を見せます。横構図や縦構図、寄ったり引いたり、立ったり座ったり…。

丁度この日は遠来の撮り鉄さんやご近所の撮り鉄さん、談笑中に割り込むような形での参加の中で「先日テレビの放送観てたら天橋立駅へ進入の黒松が・・・」なんてことを聞き、おぉ!それならお隣岩滝口での芝桜だっ!
挨拶もそこそこに岩滝口へと急ぐ。この駅の芝桜は白いのが植えてありそこそこキレイな状態で…なんてのも聞いたら渋滞中の国道ももどかしく、それ行けやれ行け目指すはあの駅だ〜

0422012.JPG

到着するや否や後方で踏切がかんかんかん…。前方に列車はない。ならば後方から黒松が来る!
ヤツはゆっくり走行が基本、まぁ撮り損ねることはないだろう。。なんて思ってるワタシの横をドえらい勢いで黒松通過。やっぱり回送で、しかも遅れてるので天橋立駅を急いでたんだろう、構図もへったくれもありまっかいな、ほんの一瞬でんがな、どひゅーんと視界から消えましたとさ。。とほほ。
posted by 神崎 好男 at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

芝桜を求めて与謝野駅まで

0422007.JPG

丹鉄浦島太郎状態の爺やは、芝桜が満開との情報を得てココ与謝野駅までやってきた。
時刻表こそ持ってはいたけど、青松は回送でココまで来るので当然ながら時刻表にない。まぁ時間はあるしたっぷりと芝桜と絡めて・・・。

ふと下り方を見ると出発信号が青になってる、ん?なぜに発車するのかな?不思議がる爺やの前から青松ちゃんはスルスルと発車していきましたとさ(あらら) 訊けば峰山まで走り、そこで待機らしい。またまた訊くところによればホームを空けたら黒松がやってくるって言うじゃない。
おぉ、こりゃ青と黒、先程一緒に走ってたのが別々でいっぺんに撮れるのか?いいじゃないの♡

しかし待てど暮らせど黒が来ない。三度訊けばこの日の午前中の列車トラブルによりダイヤが大幅に乱れてるとのこと。お腹は減るわ空は曇ってくるわ、今日は撤収か?と思ったその刹那、ヘッドライトをハイビームで遠くから黒松の姿が!

そんな黒松と芝桜、それに他の駅のはまた後日…。

posted by 神崎 好男 at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

朝の宮福の青は…。

0422001.JPG

青松2号が大江山を越えてかなりのスピードで下ってくる。
快速の名をほしいままの走りは、以前乗った時に(ここはけっこうなスピードが出てるな)と思ってたので、より慎重にシャッタースピードも速めに設定。新緑の木々と絡めて激写!

と思ったら、まぁ!黒が併結してありまんがな!んなことは聞いてねぇよ!
てっきり単行って思ってるから、あわわあわわとたじろぐワタシの目の前を颯爽と走り抜けましたとさ。やっぱりちょいと間が空くとサッパリわやな写真の出来上がり。
まぁまた行こうと思えるので構わんですが、やっぱり事前に情報なり仕入しなくちゃならんですね。。
posted by 神崎 好男 at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

暑い日だったけど、うろうろと

DSC06513.JPG

サクラ咲く!なので4月の初旬だな、その頃は時刻表を見ながら撮ってたとは思うんだけどあんまり覚えがない。何週間か間が空いて、今日久しぶりと思ったりするけど、宮福線から攻めてみた。
なんですか、けっこう変化してますね、宮福線に限らず丹鉄さんすべてのダイヤが。青は与謝野からするすると下り方へ発車するわ、黒が回送幕でやってくるわ、とにかく時刻表にない車両が行き来するのにはびっくり。

そんな日はあちこち行かずにデン!と構えて撮りゃいいものを、ついいつものノリでうろうろしてきた。とりあえずは定番の写真だけど一週間分ぐらいはできたので、4月中は大丈夫だろう。

posted by 神崎 好男 at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

明日も天気は良さそう。

0429009.JPG

なんですか今日のこの陽気。夏日とかじゃなく「真夏日」じゃないの?ってぐらい。
今年は春になるのも早く、桜のシーズンも例年より早く過ぎた感もありますが、どうなんでしょうねぇ。

ちなみにこの青松を撮った日が平成26年4月29日。この写真以外にも二俣駅の藤棚?や野田川駅(現与謝野駅)の芝桜を撮ってたりするんだけど、今日のような陽気ならほぼ一週間ぐらい早い明日は、ちょうど見頃なんじゃないかなと気が気でない。
藤棚や芝桜、それにツツジなんかが絡んできて「何処へ行ったらよかんべ?」状態かもしれんが、とにかく明日は丹鉄沿線だ!
posted by 神崎 好男 at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

ディス旧塗装も今じゃ懐かしい

0426007.JPG

ディスカバリーが丹後の海になって久しいですが、昨日に引き続き懐かしいところを一発。
ちょいと昔に「ありがとうディスカバリー」なんてのを書いた気もしますが、この塗装って今は見れんけどさほどキライじゃなかったなぁ。

しかしこのネーミング、誰が考えたのか素晴らしいと思いませんか?丹後を発見!ですよ。 一方でエクスプローラーは丹後を探検。どちらも甲乙つけがたい名前にこの週末は探検しながら発見したいもんですわ。



posted by 神崎 好男 at 21:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

5年になるんですねぇ。。

0426005.JPG

ちょいと思うところがあってインスタで「懐かしの写真シリーズ」ってのを書いてるんですね。
あおタンやディスカバリー、たまにエクスプローラーも投稿したりして、文字通り懐かしい写真を貼り付けては楽しんでるんだけど、青タン写真だと「この708号は後に青松に生まれ変わります」とか同時に書いてたりするんです。
フォロワーの方々には「いったいなんのこっちゃ?」かもしれませんけど分かる人が分かれば良いかな?と。

で今日、ネットサーフィンならぬフォルダーサーフィンしててこの青松の写真を現像しながら、あの当時の薄汚れた708号がこんなに華麗に変身したんだなと思って今日の記事&写真となった。
もちろん702号もあるし、707号だって撮ってる。おいおいアップしようとは思ってるけど、とりあえずは赤松&青松、5周年おめでとうございます🎵
posted by 神崎 好男 at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする