2016年07月05日

車両検査のあかまつ・あおまつ

DSC02228.JPG

丹鉄さんのHPで確認すると、今週初めから週末の8日まで赤松と青松の両エースが車両検査みたいですね。クルマで言うところの車検みたいなもんかな?
定期点検や検査など、安全運行に必要なんでしょうけども、なぜに一緒に検査に行くのかがちょいと不明。。てか、。「替わりばんこ」ではアカンのでしょうか?

例えば赤の車両が検査に行く、その留守を預かるのが青って訳にには行かんのでしょうかねぇ。
CT車と連結して青が宮豊線を走る、しかも車内には何時ものクルーがアルコールはないかもだけど忙しく動く。乗客もなんか違うぞ?と言いつつレアな車内を楽しむ。

DSC02164.JPG

赤松検査が無事終了したら青の番なんだけど、そこは赤松は宮福線へ入らずピンチヒッターはエクスプローラー。普段の青松スジは特急列車のお客さんを受け持つ関係でてんこ盛りの人。GWなど増結するぐらいなんで、エクスプローラーの3連は丁度良いかと思いませんか?

赤と青の両花形車両は、どちらかが働いて、どちらかが検査。撮る側もちょいとばかりレアな組み合わせが撮れたりで万々歳。な〜んてね。
もっとも今週末はエクスプローラーも臨時で走ったりするんで、そう上手く行きませんが。。




posted by 神崎 好男 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

京都市内に魅せられて…です。

町内の草刈りを終えたら、中途半端な時間ゆえに行ってきましたよ、京都鉄道博物館!
いや、これはもう鉄好きおっさんの心を鷲掴み。JR西日本だけに500系新幹線はあるわ、トワイライトは置いたるわ、昼過ぎから行って夕方まで居ましたよ。

IMG_9502 (1).JPG

小中学生の春休み夏休みを外してゆっくり行こうなんて思ってたんだけど、そんな事は忘れて入場した瞬間から目は♡マークのそのもの(笑)
これはアカン、幸か不幸か『京都市内』ってのがあきません、しかも縦貫道開通で、めっちゃ近くなった京都でっしゃろ?何度も行ってしまうと思いますが。。

IMG_9491.JPG

こんなのを間近にみた日にゃ、タイトルが。ん?変わってますね『京都市内に魅せられて』に(爆)




posted by 神崎 好男 at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

突然の運転士紹介 (これは単発だろう:汗)

突然のアテンダント紹介が終わった日にゃ、次は運転士てか! クルーが居るだろ!との声も聞こえてきそうではあるけれど、先日撮らせてもらった運転士で行きます(きっぱり)

DSC02241.JPG

この方は割と馴染があったりして、出会ったら会釈することもあったりします。
ところがつい名札も見忘れたりして、未だにお名前も存じ上げなかったりするけれども、丹鉄社員さんなら分かるだろうと、ご本人に承諾なしでアップさせてもらいました。

事後報告にはなるけれど、アップさせてもらいましたよ。宜しくお願いします。
posted by 神崎 好男 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

突然のアテンダント紹介 パート3?

アテンダントさんの紹介も、回を重ねてパート3までやってきました。って言うか、現在のところは3名じゃなかったかな? 専ら赤松に連結されるCT車でアテンドするのは。

と言う訳で今回登場はベテランの域に達してる「舞ちゃん」にお願いしようではありませんか!

DSC02023.JPG

この日は赤松1号&2号のクルーで、西舞鶴駅から乗り込んだワタシをピースサインでお出迎え。
しかし、舞ちゃんに限らずロングヘアーをバッサリ切ったりして、ショートも良いなぁって思ったりしますが、女性ってのは髪形を変えれば激変するのは女性の持つ武器ですね!
と、髪形を変えようのないおっさんが言ってますが(爆)

DSC02043.JPG

この舞ちゃんには、悠遊号や浪漫号時代にお世話になりました。独り立ちしたころにレンズを向けてしまい、☝このように「撮らないでよ!」って時もあったけれども、今ではコチラが気づかない時にでも遠くから千切れるほどに手を振ってくれる優しい方になりました(?)

ところで、小耳にはさんだんだけど、黒松クルーも一度シャッフルして、色んなアテ&クルーになりそうな感じですね、ってことは舞ちゃんのクルーも、CTで放送も時にレアもんになるのかな?
赤を追いながら青も気にする。海鉄を撮ろうと思いながらも赤と青の動向を気にする。いやぁ忙しい週末が続きそうな感じだけど、このスタンスは変わらんのだろう。

posted by 神崎 好男 at 19:53| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

丹後の海で丹後の海を撮る

『のは難しい!』と、今日はタイトルから続けて読んでください(爆)

今朝は早くから出てみたんだけど、もや〜とした曇り?霞?なんか分からんけれども、すっきりしない空。そう簡単には「海鉄」なんてのは撮れないんだなと、それでも思い描いてる場所へと。

DSC02171.JPG

太陽は雲の中、陽は射さんわ曇ってるわ、足元滑るわ、いつ来るか分からんわ、頭の中の時刻表ではダメですね、それもそのはず時刻表を持って出るのを忘れたんですよ(呆)
それでもなんとか朝の三連発(送り込みEXP、このDIS、そしてこの後の普通)を撮り、あちこち徘徊してたんだけど一向に回復しなさそうな天気に、つい何時もの乗り鉄になっちゃった。

DSC02183.JPG

あかんねぇ、前田さんの手招き、あれは罪ですぞ。今日は撮り!って思ってても、なんとも節操のないことで、すっかり赤松車内の人になっちゃいました。

応募期間もあと2ヶ月あるぞ!と思って構えるか、あと2ヶ月しかあらへん!と焦るか。どうも後者の方みたいで、期間内に「これは!」ってのが撮れるように思いません(アカンやん!)
posted by 神崎 好男 at 19:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

智頭急行へお邪魔してきました そのC 最終章

JR山陽本線、上郡駅まで“戻ってきた”ワタシは、再び智頭急行線を折り返すべく時刻表を深読みする。岡山発鳥取行きのスーパーいなば7号に狙いをつけて発着ホームの2番ホームで待つ。

DSC02123.JPG

ん?あっちが岡山か…。ってことは、あっちから来て、もっかいあっちへ走るのかな?スイッチバックか。宮津駅もそうだし、ちょいとややこしいけど、とにかくココで待ってたら良いんだな。
おっ!通過の掲示もあるぞ?特急列車もまぎれもなく停車する駅を通過するってなんだろう?
もしや貨物列車か? おっと来たよ来たよ、間違いない! 地元じゃ見れない貨物の高速通過に、スーパーはくともスーパーいなばも一瞬忘れて小躍りしながら見送った(照)

DSC02124.JPG

DSC02125.JPG

さて、貨物列車を見送ったらクルマが放置してある智頭駅まで戻りましょうか。しかし良いもんですねぇ、行きと帰りで違う車両に揺られ、フリー切符片手に乗り倒す。乗り鉄の醍醐味だっ!

DSC02129.JPG

DSC02132.JPG

これまた「振り子式」の、今度はJRさん所有のキハ187が迎えてくれました。丹鉄さんのディスカバリー同様に2両編成が基本のこの車両、軽快に、しかし力強く飛ばす飛ばす。
小気味よくぶん回すエンジンで、智頭線だけじゃなくJR線にも乗ってみたいと思わせるキハ187の旅も程なく智頭駅へと。やはりココで交代みたい、何もなけりゃ鳥取まで乗ったりするんだけど、そうもいかず乗務員さんの交代劇を後方から。

DSC02134.JPG

乗りたいと思ってHPを確認、とにかく行ってみようじゃないの!と現地へ。時刻表とかフリー切符も現地調達だったけど、行って良かった。思う存分智頭急行を楽しめた。
あれこれ考えてないで、思いついたら即行動!これですね、楽しみ方は色々なんだろうけど、他所へ行って地元の良さを再発見てなもんです。さぁお次は何処へ?

posted by 神崎 好男 at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

智頭急行へお邪魔してきました そのB

宮本武蔵に思いを馳せ、恋山形にときめきながら、やってきたのは智頭駅。途中の大原駅で本日のフリー切符もゲット済み、あとは乗って興奮するだけだっ!ワクワク&ドキドキ

DSC02100.JPG

JR山陰線の倉吉駅を1218に発車する京都行「スーパーはくと8号」は少年のようにキラキラした目で待ってるワタシの前に颯爽と入線。って、流線型じゃないのね?

DSC02104.JPG

DSC02107.JPG

まぁ乗ってしまえば先頭車両の顔がどうだろうと関係なし。さぁHOT7000型の振り子式車両を存分に楽しみましょうか! 結果から言うとですね、びゃんびゃん飛ばしながらカーブに差し掛かると、車体が「スッと傾くのが分かる」んですよ、これは初体験でした。こりゃ高速で走れるわい!
余談ですがHOTってのは、Hが兵庫、Oが岡山、そしてTは鳥取と、智頭急行線の走り抜ける県名に由来してるそう。とにかくホットな走りを見せてくれます。

DSC02108.JPG

宮福線のリレー号よろしく、かっ飛ばして到着の駅は上郡駅。どうやらココでは乗務員の交代がある模様。ちょうど丹鉄さんの福知山駅でのの交代劇と似てますね、智頭鉄道からJR西日本へバトンタッチ。車内でワタシの特急券を発券してくださった女性車掌さんお疲れさまでした。

DSC02112.JPG

DSC02118.JPG

さて、上郡からは再び智頭急行線を走る、今度はスーパーいなばの車中の人に。もうちょい引っ張らせてくださいね。次回が最終となる予定ですので。



posted by 神崎 好男 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

智頭急行へお邪魔してきました そのA

JR上郡駅から路線は分かれ、ストーン!と北へ伸び、鳥取県は智頭町までの「智頭急行」の散策&乗り鉄の予定は前日の同社のHP確認から始まった。
総延長56qほどで、ほとんどが高架で踏切がないとこ、フリー切符も販売してること、HOT7000系と呼ばれる同社所有の気動車特急車両があること…などなどを調べながら、鳥取県に位置するとある駅が目についた。

DSC02093.JPG

近くの集落からも、クルマで走ってても全く目に付かないけれども、高架の駅への山道を登って行くと忽然とその駅が現れた! なんと駅舎からホームの手すりに至るまでピンク色!

DSC02088.JPG

DSC02091.JPG

元々はピンク色じゃなかったみたいですが、日本に4つの恋が付く駅って事で塗りなおされたようですね。ちなみに日本で恋の付く駅のその他はコチラ

そんな顔が火照ってしまうような駅は、もちろん特急列車はびゃんびゃん通過します。カントの付いた曲線レールを、これでもか!と車体を傾けて通過するそれは、見ても乗っても大興奮!

DSC02096.JPG

今日はこの辺で。いよいよ明日以降は乗車記などをば。




posted by 神崎 好男 at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

智頭急行へお邪魔してきました その@

基本的に鉄道車両は乗るのも撮るのも、はたまた見るのも大好きなワタシ、詳しくは分からんと言いながら、以前旅雑誌などで「智頭急行」の話題が書かれてたので、一回行ってみたいな。。。と思ってたんだけど、果せるかな昨日、小雨降るなか念願のそこを訪ねることができた。

DSC02071.JPG

まずは「宮本武蔵駅」からスタート。この駅は旅雑誌に書かれてたし、宮本武蔵も漫画だけど読んで興味を持ってたのもあって、とにかく作州地方(現在の岡山県美作市)へと。

DSC02077.JPG

いやいや、しかしこの智頭急行、丹鉄さんの宮福線に思いきり似てますね。
高架で一直線に結んでる点やトンネルの多さ、途中の駅はすっ飛ばす特急列車など、ちょいと乗って気が付いたこともあったりしますが、そんなところは そのAで書きましょうかねぇ。


posted by 神崎 好男 at 18:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

汽笛一声 舞鶴を〜🎵

幼少の頃の東舞鶴駅は貨物ヤードが広がってて、機関車が押したり引いたりする時に、短く汽笛を「ぽっ!」と鳴らしてた。おっ!あの貨物が切り離されるな…と子供心に見てたもんだ。
一方でプラットホームでは普通列車が入線し、しばし停車のあとに発車。その間の喧騒は発車のベルで頂点に。ジリリリリリリリリ…と鳴り響くベル。
鳴り終ると一瞬の静寂の後ホームの安全確認ができたというブザーだろう、低く長い「ブー」となったら機関車の「ポオオオオオオオオォォォォ!」

この一連の動き、音、熱気、もちろん蒸気機関車時代ではありますが、なにかしら「今から発車するぞ!」のような力強さがあって、日が暮れるまで見たり雰囲気を感じてたりしてたもんだ。

0611013.JPG

今は発車の際は「メロディ」になったりしてるのは仕方ないかな?とは思ったりするんだけど、発車の際の汽笛なんてのは鳴らすのはアカンもんなんですかねぇ。
よその鉄道会社の話じゃなくて、「丹鉄」ならではの汽笛後の発車。一躍有名になりそうだと思うんだけども。鉄道ファンだけかもしれんが、「おい、丹鉄に行きゃ発車の汽笛が聞けたりするんだぞ」なんてことにはならんですかね。

ワンマンの普通列車はさておき、赤松・青松なんかでやれば人気も出そうな気もするが。
エクスプローラーなんて車掌と運転士の息を合わせて「ドア閉まったよ、ブー」なんてやってミュージックホーンなんて鳴らした日にゃ全国区の人気になり、丹鉄詣でのお客さんがドドン!と増えるのと違うのかなぁ。警笛という意味ではむやみに鳴らせんかもだけど。
posted by 神崎 好男 at 18:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする