2017年09月13日

実は動くもの大好きだったりする

タイトル通りにワタシは、若いうちから車屋家業だったりします。動くもの好きです。
動くものと言うか、機械ものが大好きと来てるんで先日もひとっ走り行ってきたのは石川県は小松市、日本自動車博物館。

何度か行ったもののその都度(今日はこの年代のクルマを中心に)とか、(今回は新しめのクルマを拝むとするか)など、入場料の元は取ろうと(^^)

IMG_4143.JPG

今回の目玉はこのクルマ。懐かしいとかじゃありませぬ、幼少の頃に見たクルマが当時を蘇らんばかりにピカピカな状態でお出迎え。そうそうコレがコスモスポーツだ!
ロータリーエンジンの甲高い咆哮が聞こえるようなソレは、鉄だ列車だを一瞬忘れる勢いで爺やの心を鷲掴み。丹鉄沿線に居なけりゃ石川県まで走ってると思われるワタシは、この週末も居るかもしれません(笑)

台風が直撃っぽいので大人しくしてるとも言いますが。
posted by 神崎 好男 at 20:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

黒松…ってヤツは。

文字通り黒い外観の、どうかしたらこげ茶色に見える外観。ブラインドを下して車内はうかがい知ることができないような雰囲気、選ばれた人のみが乗車してる感じの臨時列車・・・。
そんな気持ちで何度となく撮ったけれど、ついぞ乗ることのなかった列車が黒松だった。

元々単行(ご存知1両のみ)をこよなく愛し、たまに2両編成が来た日にゃレンズさえ向けなかったぐらいの人で、少なくとも黒は撮るもんだとばかり思ってた。
ところが「黒松ライブラリーコース」ってのを見つけ、でも高価な遊びじゃないの? 整然と並んだ座席もあんまりだなぁ。変則シートの赤、それに青でいいや!なんてことを思いながら・・・。

DSC06100.JPG

乗りました!自分の中では『ラブリー♡コース』と思うほど超ステキな空間、それが黒松ライブラリーでした。普段の豊岡駅だったし、カラカラと軽快なアイドリングを奏でるのも一緒。
しかし乗り込んだ瞬間から、流れる空気も車内の雰囲気も一変。こ、これが黒松ってヤツか。。

車内に流れる優雅な音楽、いつもと違うクルー(話したら一緒でした笑)、これぞ黒松、丹鉄きっての優等列車、そんな黒松のライブラリーコースは陽も落ちかけた豊岡を17時14分に西舞鶴に向けて発車します。物は試しに一度ご乗車あれ。ワタシもクセになってそうなんで乗ってるかも(笑)



posted by 神崎 好男 at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

やっぱ好っきゃねん…289系

一時はクルマにハマってて、やや非鉄って感じだったんだけど、落ち着いたらやっぱり鉄好きなのに気が付いた。(*^^*)
ここら辺で見なくなった289系は、実は福知山線で走ってたりする、短編成もあったりするけど。

DSC05511.JPG

この先頭車両で北部へ導入された日にゃエクスプローラーが走る時以上に興奮したもんだった。
トワイライトエクスプレスをも凌駕する勢いのコイツは鉄好きおっさんの心を鷲掴み。

DSC05451.JPG

もっとも、先頭車両だけで後方(大阪方)はツンデレ(笑) それでもあっち行きこっち行き、その姿をカメラに収めようと魅了されたおっさんは北へ南へ。

DSC03392 (2).JPG

この日も寒いだ眠いだブツクサ言いながら、やってきました夜久野カーブ。車輪を軋ませながら登場すれば興奮も最高潮! 来た〜!

DSC05858.JPG

この先頭車両に魅了されてるおっさんはココに。当分はこの追っかけかもしれません。









posted by 神崎 好男 at 19:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

久しぶりに乗ってきました。

ちょいとばかりご無沙汰でしたけど、ちゃんと生きてますよ(笑)
非鉄の頃はひたすらクルマに走ってて、ついココもおろそかになってた訳で。

写真もなかったこともありますが、とにかく今日乗ってきたので書いてみますね。

DSC05702.JPG

そのクルマネタではありますが、何て言うか『気の利いた』キーホルダーが欲しくてですね、友達の誘いもあったりして、よ〜っし乗ろう&購入しよう!となりまして。

もう丹鉄はいいかな?って思ってたのは何処へやら、これや!これを買いに来たんだよ!とアテンダントさんに絡む絡む、カメラ向けるわ愛想振りまくわ、どこから見ても『おっさん』(笑)

DSC05710.JPG

でも百戦錬磨のアテンダント&クルーです、しっかりと任務は果たして西舞鶴へと送り届けてもらいました。また行こうと思ってますよ(^^)
posted by 神崎 好男 at 18:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ありがとうディスカバリー 2012年編

赤松が登場し、専ら乗り鉄。カメラさえ持たずにいたらディスカバリー終わっちゃうんですね。
こらアカンと2012年版のディスカバリーを集めてみましたよ。
丹後の海になって走るとはいえ、当時のカラーリングはお終い。13年14年版と続くとは思えんけど、それでもお疲れ様!の意味で冬も夏も、お孫ちゃんやアテンダントさんもいっしょくたでディスカバリー行きます!

IMG_1163.JPG

karakawa.JPG

GG0H0059.JPG

IMG_5603.JPG

IMG_5830.JPG

IMG_5907.JPG

IMG_3748.jpg

0606001.JPG

IMG_0579.JPG

0118004.JPG

なんちゅうか、ピントも激甘があったりするけどゴメンナサイ!(汗)



posted by 神崎 好男 at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

山の日は丹後に遊ぶ そのB

与謝野町でひとしきり遊んだら、大江山をぐるりと回り込み福知山市は大江町へとやってきた。
観光型列車『青松』に乗ったらアテンダントさんが「左手の小高い丘に白い鳥居が見えてきます」と説明してくれる『元伊勢皇大神社』へ行ってきた。

20160811013.JPG

20160811010.JPG

「伊勢神宮といえば三重の伊勢と思われますが、三重県に移される前にはココにあったと言われております。三重県の元にあったことから“元伊勢”と呼ばれております」(アテさん説明から抜粋)
この元伊勢神社は内宮と外宮とがあり、こちらは内宮らしい。なるほど最寄駅は京都丹後鉄道「大江山口内宮駅」 ちなみにもう少し大江駅方面へ下ったところに「外宮参道」もあり。

20160811009.JPG

20160811011.JPG

この日も暑くてたまらん日だったけれども、木立を抜ける風は涼しかった〜。
時折、後方を「かたんかたん」と軽快なジョイント音を響かせながら走る丹鉄に心躍らせながら、歩く事十数分。目の前に忽然と現れた神社は厳かに佇んでた。

20160811012.JPG

いわば青松の先代、大江山悠遊号から始まったと思われるココの徐行&観光説明も、元伊勢ってのをもっとアピールして伊勢神宮にも負けない観光スポットにすりゃ大江山口内宮駅にも特急が停まる程の賑わいになり…ならんか? 正月は初詣客でごった返すようですが。

さてさて、ひまわりと遊び、加悦鉄に癒され、ココでは厳粛な気持ちになりながら、もう一か所涼みに行ったりしますが、そんなところはまた後日。

posted by 神崎 好男 at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

山の日は丹後に遊ぶ そのA

丹後の鉄分補給のポイントは、丹鉄だけじゃない!と、行ってきましたSL広場。
ひまわりフェスティバル会場からほど近いココは、幼少の頃にお世話になった『加悦鉄道』で活躍してた車両を中心に、動態保存に近い形で展示されてます。

20160811005.JPG

20160811006.JPG

父親の里がこのすぐ近所で、物心ついた時には舞鶴暮らしではありましたが、里帰り等は必ず加悦鉄に揺られたのも思い出の一つ。なんとも懐かしい光景に暑さも忘れしばし佇む・・・。

20160811008.JPG

20160811007.JPG

余談ですが、舞鶴からここら辺界隈までしか行き来したことなかったので、国鉄時代の宮津線の当時の「丹後山田駅」から先は未踏の地だったんですね。
KTR時代に水戸谷(現在の与謝野〜京丹後大宮間)を初めて超えた時は見るものすべて新鮮な気がしたもんだったけれども、このSL広場も何回も来てるにもかかわらず、毎回水戸谷を超えた時のような新鮮な目で見れるような気がするのは、鉄ちゃんのなせる業か、それとも生まれ育った場所のせいか…。



posted by 神崎 好男 at 08:06| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

山の日は丹後に遊ぶ その@

クソ暑い日が続くけれども、皆さまお元気にされてますでしょうか?
水分補給を欠かさず海に山にお出かけくださいね。ワタシはって言うと、昨日、山の日に丹後で遊んできましたよ。ちょいとマイナーかもですが、ひまわりフェスティバルにて。

20160811004.JPG

京都丹後鉄道、宮豊線「与謝野駅」が最寄りの、SL広場にほど近い会場は昨日が最終日って事もあったのか、早朝より家族連れなどで賑わってました。

20160811002.JPG

20160811001.JPG

主催者も考えておられる。暑い暑いとひまわり同様にうなだれてるところにギャル?が売り子の販売所、こりゃ売上金額もうなぎ上りだろうな、もちろん買っちゃいました(笑)

20160811003.JPG

生まれ育った丹後地方も良いところもたくさんありますね、この後もぐるりと回ったりなんかしたんだけど、そんなところはまた次の日記ででも。


posted by 神崎 好男 at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

丹鉄離れが加速する。

今日、午前中に用事を終えたワタシは、午後は何時もの丹鉄さんのお世話になることにした。
青松はもちろんの事、赤松だって無理な時間帯から乗ろうって事なので少々無茶ではあるが。

兎にも角にも新発売のフリー切符を西舞鶴で買って乗ろう!と思ったのだが、赤松の後発の列車の発車時間には間に合わん、こらあかん!宮津まで先回りしてその切符を買おう!

0816010.JPG

宮津駅でしばらく停車するその列車に追い付き、窓口でフリー切符を買おうとしたけれども、なんとそこには長蛇の列がっ!宮津ほどの中枢駅の窓口が一つだけなのは何故に? 
丹鉄さんにお願いします、駅員さんも足らんとは思いますが、混んでる時ぐらい他の駅員さんも「お聞きしましょうか?」ぐらいの気配りできるように配慮願えませんでしょうか。。

うわっ!間に合うのか!?…と慌てるワタシを尻目に過ぎていく時間、乗れないか?と思ったけれど切符の販売機で買った。フリー切符は無理だなとノーマルの切符を。小天橋駅までの切符を・・・。
まぁいいや、その小天橋は有人駅、交換列車の赤松には少々時間もあるし、そこでフリー切符とやらを買おうじゃないの!

DSC01487 (1).JPG

クソ暑い小天橋駅に降り立ち、「フリー切符ください♪」てなことを告げたらそこの駅員風の普通のおっさん、「あっ、フリー切符終わりました・・」 ん?いや知ってますよ、以前のが先月の末で販売終了も、今月初めから新しいフリー切符なるものが発売されてるのも。
しかし押し問答しても仕方ない、ほどなくやってくる赤松もあることだし普通の切符買って乗りますわ、ほら入線してきたよ(怒) ちなみに宮津から小天橋駅往復が¥1800円。フリー切符の値段もドンピシャ¥1800円。
乗り降り自由のフリー切符買った日にゃ、四所まで乗ろうか宮津までにしようか、それとも宮福線へ行ってみようか…と文字通り乗り放題なんだけど、今日はそうも行かず。

この辺から、(今日は乗る日じゃないな、仕方ない赤松車内で楽しむとするか)と思いだし。

IMG_5581.JPG

やってきた赤松に乗り、しかし切符もないもんだからアテンダントさんに「すいません、宮津までの運賃と赤松の整理券お願いします」と告げて、正規のお金を払って赤松車内の人に。
普段なら愛想抜群のクルーが出迎えてくれるのだが、今日は別のクルー。普段は黒松に乗務してる方だったのだが、これがまぁ慣れてないんだろう、「おしぼり」はないわ、ビールに尽きもんの「コップ」はないわ、缶ビール一つ持たせてもらって、なんとなく寂しい赤松だった。

何かしら虫の居所が悪かった日なのかもしれんし、暑さでイライラが募ったのかもしれん。どんな日もあるわいとは思ったりするけど、一般の観光客も同じ事思ったりするとどうなんだろう。
二度と来るもんか!なんて思われた日にゃ会社的にも損だろう。残念ながら今日だけはそう思ってしまったから、丹鉄さんを想う気持ちで書いてみた。

けれども、悲しいかな『丹鉄離れ』が加速して仕方ない。


posted by 神崎 好男 at 19:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

繋がった〜(嬉)

先日、いつも通りにパソ立ち上げて、さて舞鶴の「ちゃった祭り」の事でも書こうかな?
な〜んて思ったらですね、ネットが繋がらん! どうも周辺機器の辺りを掃除したら、どこかが外れたっぽくて、さぁそこから右往左往状態で、書こうと思ってたちゃった祭りは終わってしまった。(ちなみに昨日がその祭り)

外れた神ありゃ繋ぐ神ありで、本日めでたく復帰となりました。ありがとうございます。

その『ちゃった祭り』も花火が盛大に上がったりしたんだけど、どうせアップできないしと、自宅で不貞腐れてたんで、これまた先日の由良川橋梁でも貼り付けて、今日の記事は終了!
また明日からボチボチアップするようにしますね〜🎵

DSC02550 (1).JPG
posted by 神崎 好男 at 18:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

暑中お見舞い申し上げます

0812007.JPG

このタイトルで書こうとしながら、最近の夏らしい写真がありませぬ。
さかのぼること数年、なんと2012年て言うから今から4年も前に撮ったエクスプローラーを張り付けての暑中見舞いになりました。
この頃は浪漫号だ、悠遊号だと走ってましたねぇ、ちょいとばかり懐かしいです。

DSC02598 (1).JPG

今じゃすっかり走る車両は変わってたりするけど、なにはともあれ盛夏だったりします、どうぞ海鉄狙いの撮鉄さんも、お身体をご自愛いただきますようお願い致します。
posted by 神崎 好男 at 18:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

こ〜りゃめでたい!

とある休日、今日は青松に乗ろう、アテンダントさんは誰かな? おっ、〇〇さんじゃないか!
別の日は赤松のCT車から手招きも〇〇さん、いやぁ偶然ですねぇ、偶然が3回続くと、それは必然になるんですよ♪ なんてこと言ってたその〇〇さん、昔からベッピンさんではあったんだけど、最近そのベッピン度が急上昇してるんで、これは何かあるなと思ってたら…。

DSC02493 (1).JPG

左手の薬指に光る指輪がっ! うわぁ〜そうだったのか! こりゃめでたい!と言う訳で今日、ご本人さんに確認したら恥ずかしそうに『そうなんです、6月に籍を入れて名札も変えてもらいました』な〜んて、赤松だけに顔を赤らめて打ち明けていただきました。

ココで紹介してもええのん?にも、『拡散されますね、でも良いですよ(ぽっ)』と了承いただき晴れてこの記事になった訳です。おめでとうございます〜🎵 姓は変われどこれからも同じように応援していきますね〜。
posted by 神崎 好男 at 16:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

明日も出掛けてみようかなと。

今の今まで夕方近くの斜光線で「今ここに列車が」なんて思ってたのに、いざ走り抜ける時にはドン曇り(-_-) もっとも何時もの事ゆえに気にはしないようにと思ってても・・・ねぇ。
しかもこの日は少々遅れ気味。下りの前に上りが走る始末。なんじゃそら〜!いやまてよ?今に良い時に列車がくるぞ!なんて思ってたら、やっぱり曇りに来た〜。

DSC02505.JPG

これは普段の豆粒写真だけど、もうちょっと長いレンズ持って明日も行こうと思ってますの。
天橋立が見下ろせるこの場所は、ちょいとばかりお気に入り。他にもココは!って場所もあったりするんで、天気も良さそうなんで、明日もお出かけ決定!


posted by 神崎 好男 at 19:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

フリー切符が終わったら…

どこかで見た気がするんだけど、丹鉄さんのHPではまだ発表されてないかな?
『丹後まるごとフリーパス』が販売終了になって、親子なんちゃら切符が発売されるとかの。
大人と子供が一緒に乗れて、今までのよりも安価で乗れるような気がする切符の発売。
価格も書いてあったような気がするけども、その価格、今までのよりもずっとお求めやすいお値段だったんで、こりゃいいじゃん!とほくそ笑んだりしてましたが。。

しみじみと見てたんだけど、親子ってのは「大人一人」では使用できないもんなんですかねぇ。
ひと月に数回乗るのに、その都度お孫ちゃんが付き合ってくれるとは思えず、かと言って大人二人では間に合わないと思われるこの切符、果たして丹鉄ファン用だろうか?

もっとも、どんな切符が発売になろうが今のスタンスは変わらんとは思いますけども、とにかくなんていうのか『丹鉄ファン』もいるよ!って事も思ってもらって各種乗り得きっぷを開発していただければ我々は非常に嬉しい。と、やや上から書いてゴメンナサイね。

DSC02448.JPG

posted by 神崎 好男 at 19:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

海と鉄道、奈具海岸シリーズ 最終章(笑)

由良川橋梁でしゅぱぱぱぱ!と撮ったら、速攻で奈具海岸へと移動。幸いにも順光だっ!
つい先ほどまで『逆光も絵になる』なんて言ってたのはどこへやら、行く先々でコロコロ変わるのは光線状態と同じ。ちょいとばかり移動したら『やっぱり順光だっ!』←アホですわ。

DSC02417.JPG

見えますか?ココで705号など青タンが来た日にゃ、さっぱり風景に溶け込んでしまって分からんと思いきや、やってきたのはCTカラー♪ ちなみに右上にちょっとだけ写ってます。

DSC02408.JPG

奈具海岸の道路を右に左に走りながら、次にやってくる列車を時刻表で確認。おぉ!間もなく来るじゃないか! あわわ、海岸線の下まで下りたいけど時間がっ!
それはそれで、けっこう絵になるのも奈具海岸の一級景勝地のなせる業か。。。
posted by 神崎 好男 at 19:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

さぁ梅雨明けみたいですよっ!

好天に恵まれた今日、始発前の送り込み回送から由良川橋梁に張り付いてみましたよ。
先週のエクスプローラー、プチシルエット練習の時の夢ちゃんと一緒にどどん!とこれまた貼り付けてみましょうか、由良川橋梁万歳!とばかりに。

160709007.JPG

分厚い雲に覆われてるけど、たまには順光じゃなくシルエットロマンス風の感じも良かろうと敢えて露出は切り詰めて。

DSC02378.JPG

そして今日の朝一番。上り切った太陽に急かされるようにリレー号回送。丹後の海なんだけど、肉眼では確認できるものの、写真にすれば『なんのこっちゃ?』です(*_*)

DSC02396.JPG

もう一発営業運転の乗り得列車、純正ディスカバリー4連の雄姿を。縦構図だったり横構図だったりと節操がありませんけど、その場の雰囲気で楽しませてもらってます。

さてさて、ココ由良川橋梁で朝一から撮ってると色々と楽しみ方があったりする。これまでは順光が一番!と思ってたけれども、こうした逆光も絵になるってのに気が付いた。
と同時に、この丹鉄さんの所有する列車もバリエーションが豊富で撮る方は面白くて仕方ない。海は走るわ純正4連は走るわ。しばらくするとCTカラーだ青タンだ、それっ!夢だ!これまたUも居るでよっ!って思ってたら2連も混ざったりしてホント飽きないのだ。

もちろんこれ以外にもちょっとづつ移動しながら撮ったりもしたけど、今日はここで。次回からこの由良川橋梁が出てきたら、おっ!先日の朝一の時だなと思ってもらっても差し支えありません。
posted by 神崎 好男 at 19:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

一言で海鉄ってのも難しいもんだ

みなさ〜ん!海鉄は撮れてますか〜! 今からベストシーズン、狙ってますよ!いやいや、こんなこともあろうと今までの海絡みを探してますよって方もいらっしゃるだろう。

DSC02306 (1).JPG

先日から改めて丹鉄さんのHP見ながらフォトコンテスト概要を確認してます。
【募集内容】【1.写真】
・「海」と「丹鉄車両」が写っている写真であること(※未発表の写真であること)

そりゃそうだろうな、海鉄ってぐらいだから。しかし天邪鬼満開だけど、例えば海に近い駅のホームで浮輪なんて持った女の子などが今から海に行くの🎵的な楽しそうな表情の写真なんてのは「海鉄」には入らんのだろうか。夏といえば海!なんだけどなぁ。
それと、夏休み中も募集するところから盛夏!な海鉄が良いのかもしれんが、猛吹雪で荒波のこれぞ丹後の海!って海鉄はアカンのかな? と、いろいろイメージしてるんですが('ω')

160709001.JPG
posted by 神崎 好男 at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

しばらく見れないのかな?

昨日9日の臨時を最後にしばらくは走らないと思われる『タンゴエクスプローラー』だけど、その人気ぶりは健在でしたね。ココは!って撮影ポイントなんて三脚の放列。
丹鉄さん、こんなに人気の車両を放っておく手はないですよ、維持にお金がかかるかもしれませんが、どうぞ日頃の点検整備を怠らずにいつまでも走らせてくださいませ。

160709009.JPG

出来るなら「リレー号」に充当してもらって、いつでも乗れる撮れるようにしていただければありがたいです。撮り鉄さんらは文字通り撮るだけで儲からないかもしれませんが、この車両なら乗り鉄さんは必ず増えるかと。
新しくなるであろうフリー切符も『エクスプローラー切符』なんてのを作ってですね、常に走らすことが無理なら、「今日はこのスジに充当します」をHPで早めに発表してその日限定のエクスプローラー切符。売れると思うし乗り鉄さんが多く購入すると思うんだけどなぁ。
posted by 神崎 好男 at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

今日はキハ41の久美浜ライナーを撮ったどぉ!

先週末から臨時で走り出した『久美浜ライナー』を、今日は行くぞ!とばかりに撮ってきた。
家を出る時は小雨がフロントガラスを濡らす状態。パッとしないなぁ、とりあえずはなんとかなるんじゃなかろうかな♪と、楽天家のオヤジは一路久美浜へ。

160709003.JPG

このJRさんの気動車キハの魅力か、HP等での宣伝?が効いてるのか、他府県ナンバーの撮り鉄さんも多数集結の久美浜界隈は、その熱意に負けたのかみるみるうちに天気も回復。
とは言え、陽も射さない状態だけども朝一番の天候の事思ったら文句は言えん。

160709002.JPG

JR山陰線の城崎温泉駅から出発したこの久美浜ライナー、豊岡からは丹鉄さんの鉄路を通り久美浜までやってくるんだけど、どうしても撮影ポイントが限られてくる。
どこか良いところは無いもんかな?とコウノトリの郷駅で撮ってみたけど、ゆっくり通過は撮りやすいものの構図に苦労したりする。なかなか悩ましい久美浜ライナーだけど、豊岡〜久美浜間ならココも良いんじゃないのと円山川橋梁。

160709005.JPG

160709006.JPG

都合6回は撮れるこの列車、明日は何処でどう仕留めようかしら? って明日もかいっ!(笑)
posted by 神崎 好男 at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

今一度、高所作業車を。

2年前の夏、高所恐怖症のクセして高所作業車を引っ張り出して撮影に臨んだことがあった。
海鉄の募集なんてのは想像もしてなかったけど、とにかくこの場所で(もうちょっと高いところから撮れれば良いなぁ)ってのがあり、会社所有のクルマをレンタルしたもんだ。

0720010.JPG

もちろんこの場所以外にも、グ〜ン!と伸ばせば大きく海が入るところもあるだろうし、ロケハンしながら移動しますか。「海の京都」なるイベントも開催中だし、丹鉄さんでも「海鉄フォト」も募集中。もう間もなく夏!機は熟した!てなもんですが、一人で上がるのは非常に不安だったりするんで、何方かご一緒しません?

天気とかの兼ね合いもあり、こりゃ良いのが撮れた!って保証は全くありませんが(ありゃりゃ)

posted by 神崎 好男 at 06:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。