2016年08月14日

山の日は丹後に遊ぶ そのA

丹後の鉄分補給のポイントは、丹鉄だけじゃない!と、行ってきましたSL広場。
ひまわりフェスティバル会場からほど近いココは、幼少の頃にお世話になった『加悦鉄道』で活躍してた車両を中心に、動態保存に近い形で展示されてます。

20160811005.JPG

20160811006.JPG

父親の里がこのすぐ近所で、物心ついた時には舞鶴暮らしではありましたが、里帰り等は必ず加悦鉄に揺られたのも思い出の一つ。なんとも懐かしい光景に暑さも忘れしばし佇む・・・。

20160811008.JPG

20160811007.JPG

余談ですが、舞鶴からここら辺界隈までしか行き来したことなかったので、国鉄時代の宮津線の当時の「丹後山田駅」から先は未踏の地だったんですね。
KTR時代に水戸谷(現在の与謝野〜京丹後大宮間)を初めて超えた時は見るものすべて新鮮な気がしたもんだったけれども、このSL広場も何回も来てるにもかかわらず、毎回水戸谷を超えた時のような新鮮な目で見れるような気がするのは、鉄ちゃんのなせる業か、それとも生まれ育った場所のせいか…。



posted by 神崎 好男 at 08:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供のころの情景がよみがえる・・・とってもわかります。
幼いころの思い出、大切な 宝物。
私もお盆には 蒸気機関車で舞鶴から宮津駅へ、母と二人
一足先に宮津のおうちに帰省しました。
宮津駅で 夕方、母に手をひかれ 父をお迎えにいったものでした。
明日は その父の初盆。幼いころの思い出は 両親を敬う心を 取り戻してくれますね。良い写真をありがとう。
Posted by ちあき at 2016年08月14日 16:34
お盆だからこそ、昔の情景が思い出される気もしますが、今と違って『少々不便』だったのがまた良いですねぇ。
色々思い出させるコメントありがとう。
Posted by 神崎好男 at 2016年08月16日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。