2015年05月29日

M13 栗田駅にて

0916006.JPG

丹鉄沿線の駅名でも、一二を争うらしい難読駅の栗田。栗田半島とか、栗田湾とかは呼ばれてますが、ココの地域は栗田じゃないんですね、ちょいと不思議な駅名・・・。
それを言い出せば『四所』とか『東雲』も地域名じゃないのですけども。。

さてさて、そんな栗田駅とその周辺ではプチが付きますが俯瞰にしてみました。
ココの駅も駅撮りも楽しく、跨線橋からは上下線どちらも障害物もなくスコーンと撮れたりしますが、駅からもほど近い題して『栗田湾を見下ろすお墓ポイント』からのカット。
列車大写しもド迫力の絵が撮れたりしますが、この時は広角レンズにて空を大きく入れてみました。天気などに左右されやすいですが、この日は秋晴れの空♪

0620007.JPG

ちなみに初代浪漫号だったと思うんだけど、この栗田駅を通過するスジがあった。幸運にも最前列13Aのシートを確保できた日にゃ、小躍りしながら乗ってたもんだけど、エクスプローラーじゃなくても良いので『宮舞線』での快速列車なんては予定にないのかな?

posted by 神崎 好男 at 17:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

M12 丹後由良駅にて

0916002.JPG

丹後由良駅までやってきました。この駅(周辺)は、聖地ともいわれる由良川橋梁をはじめ、奈具海岸の入り口だったりと、撮影ポイントには事欠きませんね。
この由良川橋梁、上流側下流側に由良側神崎側、それに朝も昼も、日が落ちる頃も、そしてレンズの長短まで絡まって、一日中楽しめるポイントと言っても過言ではないと思います。
なるほどワタシもココに始まってココに終わるじゃないですが、一番よく来てると思います。それだけに他の方の作品も多かったりするんで、今回はワタシのお気に入りの写真でも。

アテンダントさん乗車の観光型列車で『24本の橋脚を持つプレートガーターと呼ばれる一般的な橋の構造ですが、80年以上も現役を続ける・・・』と放送を聴きながら、下り列車は丹後由良駅へ滑り込みます。しばし停車後は奈具海岸へと進んでいき、『右手が潮汲み浜で、安寿姫が過酷な潮汲み・・・』なんて放送に耳を傾けます。

ここら辺は撮るのも良いですが、車内で放送を聴くのもよろしおますな(笑)

20150505006.JPG



posted by 神崎 好男 at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

M11 丹後神崎駅にて

kanzaki2.JPG

みなさんご存知と思われるが、ハンドルネームの神崎好男、これは当初ココの駅のブログ駅長を書かせてもらう事になった時に付けた名前。神崎を好きな男になろうと思って。
以来、何度も通ったし、何度も周辺で写真を撮ったりもしてる。なんだけどコレだっ!がめっぽう少ない。なんでだろうな?と思ったら、第一級のポイント由良川橋梁がやたら多いのだ。
その由良川橋梁は次の丹後由良に譲るとして、今回の神崎駅とその周辺はベタな駅撮りから。

ピントも甘く、少々ブレてる気がしないでもないけど、とにかくエクスプローラー、時間的に何時ごろかなぁ、朝の早い時間だろうか、浪漫号のスジかな?
今や留置線の主になってしまってるけど、この当時は由良川橋梁を渡ってたんだなぁ。。

kanzaki1.JPG


posted by 神崎 好男 at 10:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

M10 東雲駅にて

20150505005.JPG

由良川沿いの開けた田んぼの中の東雲駅、俯瞰できるポイントもあったりしますが、ワタシのお気に入りの場所が、ココ『大関けやき』ポイント。
スッと伸びるのが特徴の木らしいですが、ココのはどっしり根を張ってわさわさ伸びてます。そんな新緑の頃を求めてGWに訪れてみました。

なるほど列車は豆粒ではありますが主題がけやき、小さくても構わん。ちゃんと赤松って分かるしね。こちら向きのシートに座ってる赤松車内のお客さんからは、コチラは確認できんでしょうけど^^;

0219006.JPG

同じ付近を走行中の純正あおタンがこちら。この記事を書きだしてから昔の写真で(あぁこの駅の周辺はこれが良かろう)なんて書いてますが、同時に副産物が。
そう、あおタンがたくさんあるんですね、これは懐かしい!と書いてます。今回も707号。はい現在の黒松車両なんですね。えらい変わりようですわ。


posted by 神崎 好男 at 09:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

M9 四所駅にて

shisyo1.JPG

ココ、四所駅は『四所しだれ桜公園駅』との愛称が付くぐらいだからこのしだれ桜は外せんだろうと思いながら、けっこう撮りにくいアングルなんですよね。
なかなか列車と桜が絡めにくい中で、駅前の国道を渡ったところの神社の参道?から撮ったのがコレ。電線がウザいけども枝垂桜の全景が入るのはココぐらいかなぁ。

舞鶴市の東地区に住まいするワタシは、乗り鉄に撮り鉄の時はココ四所駅からスタートが多かったりします。一番来やすくて駅前の駐車スペースも充分、なんたって無料ですしね。
この日も『あおタン3連』が走るって情報を得て、向かった先は四所駅近く。写真右手の高台からが一般的なんですけど、アウトカーブよりもインカーブの方が3連ならよく見えるんじゃないの?と、線路をオーバークロスする跨線橋付近から。
滅多に見れんあおタン3連は、撮るものを興奮させるには必要にして充分、うぉ〜!と奇声をあげながら撮ったとか撮らなかったとか。しかし先頭は702ですよ、今の赤松ですよ。

shisyo2.JPG

posted by 神崎 好男 at 19:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

M8 西舞鶴駅にて

aka&exp.JPG

いつもなら留置線に止まってるはずのエクスプローラー2次編成が、なぜだか分からんが車庫に入ってた。点検整備されて動く日が近いのかな?
お隣は、言わずと知れたあかまつ車両。この日はあかまつに乗り倒し西舞鶴まで戻ってきて駐車場から運転区の方までお散歩。こんな並びも珍しいなとシャッターを。

この運転区、もちろん関係者以外は立ち入り禁止だが、クリスマスディスカバリーの飾り付けの時に一度お邪魔したことがあった。洗い場付近に止まってたディスカバリーにいよいよ乗り込む時なんて、案内担当の方に『線路が縦横無尽に敷いてあります。どっちから車両が来るか分からないので注意してください』と言われたが、なるほど入れ替え作業なんて言ったらけっこうな速度で行き来するもんで、単独でほいほい動き回るもんじゃねぇなと慎重に動いた記憶もあったりする。

何年か前もたまたま通りかかった時に『丹後ゆめ列車』が止まってた。近くにいた方に尋ねると、なんとその日がお披露目で走る日だった。こりゃこんな機会はないとばかりに『もうちょっと近くで撮らせてもらっても良いですか?』と言えば『構いませんよ』とのことだったし、ある程度の理解もあるんだろう。

ということで一発目の駅とその周辺は西舞鶴運転区付近。もちろん他にもいいポイントはあるんだろうけど、ココと荒河かしの木台は運転区に決まりかな?
posted by 神崎 好男 at 12:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

駅とその周辺

0219005.JPG

駅とその周辺のイベント事や地域の話題って言えば、ご存知『駅長ブログ』になってきますが、ココでは撮影スポットの駅とその周辺にしようかなと考えてます。
例えば今日の写真は鉄板中の鉄板、四所駅を望む場所から。季節外れもいい所ですがこんな感じで紹介できたらなと。じゃぁ明らかに駅と駅の中間地点はどうなるんだ?とか、いやいや、もっとココの方が良いよ!って意見もあろうとは思いますが、そこは神崎好男目線でね。

これなら再掲載の写真も使えるんじゃなかろうかと、少々横着な考えもあったりしますし、ココの場所の方がって方も気軽にコメント残せるんじゃないかな?って思ってね。
もっともコメント欄に写真が掲載できないとか、色々難しい事もあろうかとは思いますが、『あの辺だよ』って事でもいいのでお気軽にカキコして貰えれば。。

まずは宮舞線、西舞鶴からスタートしますね、撮りに行かなくちゃ(今からかい:笑)
posted by 神崎 好男 at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

思う存分381系

0320005.JPG

西舞鶴を8時台に発車する『あおまつ』で福知山まで乗るとしましょうか。
ちょいとばかり駅で時間をつぶせば『はしだて1号』で天橋立まで戻れます。
福知山から宮福線をかっ飛ばし、およそ30数分の381系の列車旅。天橋立では赤松がその列車の到着を待ってます…。そこからはのんびりと。

それも良いのですが先日来、おとなり滋賀県出張が多くありまして、その際に東舞鶴から普通列車に揺られて綾部で乗り換え、一路京都を目指し、綾部から『きのさき6号』に乗り換えるんですね。その列車は折り返しが、はしだて1号“京都丹後鉄道経由”天橋立行になるんです。
そう、福知山から乗ろうとする列車です。ちょいとばかりお金はかかっちゃいますが、行きと帰りで左右別の指定席を取ってですね、京都から終点の天橋立まで乗りとおす。。
これでもか!と381系と一緒に身体も傾ける(笑) 有名撮影ポイントでは撮り鉄さんに羨望のまなざしで見られながら、とは言え好天なら(撮りの方が良かったな)と後悔しながら。

これで朝から夕方まで乗れるし楽しめるし。いかん、書きながら実践したくなってきた!

20150504001.JPG
posted by 神崎 好男 at 17:30| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

赤松車内で販売!?



丹鉄オリジナルヌードル作ってみました(笑)
好きな色を使って、好きなことを描くってのは案外難しいですね。
まず何を描いたらいいのか悩みまくり、そうだなぁ丹鉄でも描こうと思っても見本がない。
携帯に保存してある写真を見ながら描いたのがコチラ。世界に一つのカップヌードル♪

ちょいとテンパってて、702をに、708をにするのを忘れたりして…。

posted by 神崎 好男 at 12:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

沿線は百花繚乱

今日はちょいと趣向を変えて、今が見ごろと思われる藤の花を。
今年のGWは好天っぽいですが、昨年の5月11日も晴天だったようですね。

0511001.JPG

ココは京都府福知山市夜久野町の藤公園。
少しばかり丹鉄沿線からは離れますし、JR山陰線の下夜久野、上夜久野の駅からも徒歩ではキツイと思われます。お車でどうぞ。もっとも、昨年はてんこ盛りのクルマで付近は大渋滞、時間に余裕を持って行かれるか、夕方近くを狙ってみてください。

0511004.JPG

やはりカメラを構えた方も多数見受けられますね。ワタシは列車のある風景は撮ったりしますが、どうもこうした被写体はどう撮っていいのか分かりません。
巷にあふれてると思われる写真関連の雑誌などを見てて、なるほどなぁってのはあっても、いざ藤の花などに対峙するとどうしてもピン!と来るのがないんですよね。

0511003.JPG

まぁ難しく考えないで見たままを撮れば良いんでしょう。藤棚の向こうに列車が走ってるのを想像して撮りますね、どこかに列車が写ってると思って見てください(笑)

0511002.JPG

列車撮影が一番なんでしょうけど、これでキュッと一杯も捨てがたい魅力ですわ^^;
posted by 神崎 好男 at 18:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする