2015年04月30日

183系に続いて381系も引退!?

20150111001.JPG

何年前だったかな?183系が終わり、パッと見はあんまり変わらん気がしたんだけど、とにかく381系が宮福線、ちょいと宮豊線を走り出した。
特徴的な屋根で、俯瞰気味に撮ったのもついこないだのように記憶してるけど、なんとこれも引退するそうな。振り子式とかでくろしおなどに充当され、紀勢本線を走ってたらしいが元々設計も古いためか乗り心地って意味では今一つだったような気もする。(私感ですよ)

それじゃぁ何がやってくるんだ?というと、北陸本線でしらさぎなどに使用されてた683系の電車がやってくるらしい。なんでも交直流のどちらも行ける車両だったそうだけど、ここら辺は直流らしいのでそれ専用に改造を施して型式も289系としてデビューするそうな。
もうすでに福知山電車区でその姿が見れるらしい。友達に教えてもらったけど、その時は『パンタグラフがないのが良い!』とか訳の分からん事言いながら行かなかった(笑)

走り出すのを待ちながら、しばらくは381系を宮福に追う!そんな感じですかねぇ。



posted by 神崎 好男 at 17:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

現像ソフト、ココに復活

長らく使ってきた家のパソコン、昨年の秋ごろだったかにっちもさっちも動かなくなり、程なくご臨終の感じだった。(そのへんはよう分からん)
ついでと言っちゃなんだけど、インストール済みの現像ソフトまでもがパァになったもんだから、撮りには行くもののなんだか眠たいような写真ばかり量産してた。

1117005.JPG

もちろん写真を大きくしなければまだ見れるものの、やはりこれだ!ってのを大きくアップしたいじゃありませんか、ねぇ。さてどうしたらいいんだ・・・。

20131117003.JPG

会社のパソコンに現像ソフトをインストールしちゃえ!てな発想で動いてみるも、万が一のことがあれば取り返しのつかんことになれば大変。。と躊躇してた。

20131117004.JPG

そんなこともあってデジで撮っても面白くないし、先日なんてフィルムカメラまで引っ張り出してくる始末。空の青さは銀塩じゃないとダメだ!と言い聞かせるように撮ったりしても、シャッター切って裏蓋の辺りを覗きこむほどデジに洗脳されてるもんだから、やっぱり今一つノリも悪かった。

20131117001.JPG

銀塩カメラは、それはそれで楽しんで、せっかくのデジカメが勿体ない、意を決して現像ソフトインストール作戦敢行!ドキドキしながら作業すること数分、なんともあっさりと終了。

20131117005.JPG

そうなれば約一年半前のデータをとにかく現像してみた。カメラは銀塩だっ!なんてブチ上げたのはどこへやら、宮津線(現、宮豊線&宮舞線)を走るキヤだったかをどっさりあげてみた。
今までのデータを現像って手もあるけど、これからはデジタルカメラを手に沿線へと行くことにしよう。どんどこ撮ってさっさとアップ。また楽しみが増えたなぁ♪

posted by 神崎 好男 at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

舞い戻ってきました

0503002.JPG

色々考える中で他のブログにまで手を伸ばしたりしましたが、どうもしっくりこないんですね。やはり使い慣れたブログが一番と、結局ココに戻ってきました。
タイトルも丹鉄さんのイメージカラーを使ったりしてみましたが如何でしょ?
タイトルだけで中身は何一つ変わらん気もしますが、とにかくココで書いてみます。

のんびり更新になろうとは思いますが、末永いお付き合いを宜しくお願い致します。
posted by 神崎 好男 at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

4月になったので

194.JPG

ブログタイトルを『京都丹後鉄道写真館』に変えて続けようとも思いましたが、新ブログを立ち上げた今、そちらの記事、写真と完璧にかぶってしまうのでヤメ。
こちらは完全無欠の放置プレイとなります。(たまに更新があるかも:笑)

しかし、こちらがそうだったように丹鉄さんの話題だけでは更新も難しいと思われますので、いわゆる駅長ブログの流れもそのままに、広く浅く丹後を紹介できたらなと考えてます。
それでも更新はのんびりになろうかと思いますが、また新しい所でもお気軽にコメント等残していただければ、書いてる本人は大変喜びます(笑)

新しいブログ、『京都丹後に魅せられて』はこちらです。
posted by 神崎 好男 at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする